韓国人「まらやって来たノーベル賞シーズン…韓国人受賞者が出ない本当の理由とは?」 韓国の反応

スポンサーリンク
海外の反応
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 海外の反応 韓国

1

教授ら「課題参加率」制度悪用で人件費搾取など横暴が深刻
「青年科学者、自由で安定した研究環境を保障すべき」

キム·ボンスさんは、「1日10時間あまり研究に没頭しても、わずか100万ウォン前後しか受け取っておらず、やっとのことで生計を立てる。しかしどうして他国のノーベル賞受賞者のように20-30代に偉大な業績を残せるのか。

残念ながら今年も韓国人の名前は挙がっていません。 特に日本は24人の科学分野の受賞者を輩出したが、韓国は故金大中元大統領がノーベル平和賞を受賞しただけです。

特に韓国は、ノーベル賞委員会や受賞者などが語る「受賞条件」には不十分な部分が多い。若い科学者が自由に研究できる研究環境、失敗を気にせず着実に研究できるファンディング制度、これまで誰もしてこなかった研究分野投資、基礎科学への十分な投資などがそれです。

我々の現実はどうなんでしょうか?科学技術連合大学院大学(USTR)修士·博士統合課程生は、「大学院生を研究者としてきちんと待遇してほしい」と厳しく忠告した。 彼は「研究者ではなく学生だと認識し、研究室内に垂直的な文化が生まれる」とし「学生の枠で大学院生を見ながら休暇や給与で差別を当然視する。 一人前の研究者として接し、既存の科学者のように安定給与を与え、創意的研究を保障すべきだ」と指摘しました。

ポステック(POSTECH)のチェ·ジフン化学工学修士·博士統合課程生は、韓国の研究室における垂直的文化、つまり「甲質」が可能な根本的な原因を指摘しました。「研究指導の面では教授の学問的権威に基づいて建設的な議論をすればいいが、人件費や通勤、休暇の使用、進路まで教授にかかっている。 このため、虚心坦懐に意見を交わしにくい」とし「もちろん水平的な関係を結ぶ教授もいるが、そうでない場合、けん制できる装置がない。 研究室内でのコミュニケーションと学生主導研究を妨害する大きな要因」と指摘しました。

青年研究者が自由で経済的に安定した状況で、長期的に独創的·創意的研究に没頭できる環境づくりをしてこそ、韓国人の「ノーベル賞」受賞が可能だという事でした。 「これからは毎年、秋夕韓国人ノーベル賞受賞候補者の名前が上位にあがり、ドキドキの末、結局は栄光の受賞者を迎える時間が来ることを願います。

引用元記事:https://cutt.ly/qEgc0We

続きを読む

スポンサーリンク

続きはこちら!

タイトルとURLをコピーしました