韓国人「日本人が使っている和製英語の意味がメチャクチャだった‥」韓国人が知らずに使う和製英語を正す努力が必要! 韓国の反応

スポンサーリンク
海外の反応
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 海外の反応 韓国

1

ショートカット、ニス、クラクション…全て日本から来た「和製英語」
日本が間違って作った和製英語、正す努力が必要だ

最近、東京オリンピック三冠を達成した安山(アンサン)選手の「ショートカット」が話題になった。ところが世間に広まったこの「ショートカット」という単語もやはり、誤って作られた和製英語に属する言葉だ。 正しい英語表現は「short haircut」である。 英語のshort cutは「近道」という意味だ。

「オールバックヘア」もよく聞かれる言葉だ。分け目をつけずに頭全体を後ろに流す様子を指す意味として使われる。 しかし「オールバック(all back)頭」も呆れる言葉として「slicked-back hair」と言わなければならない。 「オールバック」も日本が作った英語だ。

「ニスを塗る」という言葉で「ニス」は英語のvarnishで「var」の部分を発音せずに後ろだけ、それも「日本式」で発音して作ったでたらめ用語だ。 日本式の「偽英語」だ。

「クラクションを鳴らす」の「クラクション」もよくある言葉だ。 しかし、クラクションは自動車のクラクションを製造する企業の名称だった。 hornが「クラクション」の正確な英語だ。

コーヒータイム、アクセサリー、プロマイド···すべてが間違って使われている言葉.

「プロマイド」は「俳優や歌手、スポーツ選手など人気者の姿を撮った写真」という意味で使われている。 しかし「プロマイド」は「ブロミン化銀を感光剤で使って作った印画紙」から生まれた言葉で、ここに「スターの写真」という意味はない。 「プロマイド」もやはり和製英語だ。

引用元記事:https://cutt.ly/TEahYKG

関連:
【悲報】韓国で売られている食パンが『詐欺』だと炎上!その食パンがコチラ‥ 韓国の反応
韓国人「日本人ノーベル賞受賞者の出身大学がコチラ‥」→「日本では地方大学でも受賞している」 韓国の反応
【悲報】韓国人「Kpopは宗教的だ‥」韓国のファンクラブ文化、遊びより宗教に近い、「カップホルダーイベント」に朝日新聞記者が同行取材 韓国の反応


続きを読む

続きはこちら!

タイトルとURLをコピーしました