『肩は甲斐レベル』ドラフト隠し玉BC栃木・叺田本気(23)「黒羽根コーチから捕手の全てを教わった」

スポンサーリンク
野球
スポンサーリンク
20210914_kamasuda_kk-560x373

1: 名無しさん 2021/09/22(水) 08:00:38.17 ID:tEzwPK4S0
もしかしたらこの秋のドラフトを沸かせるかもしれない。そう思わせる存在が、独立リーグ「ルートインBCリーグ」にいる。栃木ゴールデンブレーブスの叺田本気(かますだ・もとき)捕手だ。

二塁送球タイムは最速1.77秒。ソフトバンクの甲斐拓也捕手らNPBの1軍トップクラスに匹敵する数字だ。元巨人で栃木の寺内崇幸監督も「あの肩は一級品だから!」と太鼓判を押す。

加入当初は代打や指名打者での出場。捕手を任されることは少なかった。肩の強さには定評があったものの、後ろに逸らしたり、ミットが流れてしまったり……。捕球やブロッキングが課題だった。上手くいかない現状でも根気強く指導してくれたのが、NPB通算361試合に出場した黒羽根コーチだった。

「捕手の全てを教えてもらいました」。最初に変えたのは構え方。後方に重心が残り、ワンバウンドの球への対応がワンテンポ遅れるクセがあったが、重心を前に構えたところ改善。ブロッキングだけではなく、次の動作への移行がスムーズに。必然的に二塁送球タイムも速くなった。

2: 名無しさん 2021/09/22(水) 08:01:26.59 ID:tEzwPK4S0
鬼肩は“甲斐キャノン”に匹敵 元G戦士も絶賛…独立Lに潜むドラフト「隠し玉候補」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4360a99419751d0939d9131e54f84589de50d738


続きを読む

スポンサーリンク

続きはこちら!

タイトルとURLをコピーしました