ユニコーン 『あなたが好きなシングル曲は?』 オリコン通算売上TOP3をご紹介!

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
UNICORN (ユニコーン (バンド)からのリダイレクト)
UNICORN(ユニコーン)は、日本のロックバンド。1986年に広島県広島市にて結成し、1987年、アルバム『BOOM』でデビュー。1993年に解散。2009年に再結成し活動を再開した。 1987年デビュー。所属事務所はCBSソニー・アーティスツ(現・ソニー・ミュージックアーティスツ)。契約レコー
80キロバイト (5,010 語) – 2021年9月15日 (水) 21:26

(出典 storage.mantan-web.jp)
名曲だらけではありますが、『WAO!』です。余興でMVを真似て踊ったので、とても思い出があります。

1 muffin ★ :2021/09/21(火) 20:50:24.91 ID:CAP_USER9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/4365df374a666100fefcba5a24543eb914ccff00

1993年の解散から16年を経て、2009年に再結成して注目を集めた日本の人気ロックバンド「UNICORN(ユニコーン)」。今回は、そんなユニコーンのシングルから、オリコン通算売上TOP3の曲を紹介します。

●働く男
 1990年に発売された3rdシングルで、ユニコーンのシングルとして歴代最高の売り上げ枚数を達成しています。表題曲のほかに「CSA~ロック幸せ」も収録されており、どちらも「会社員の悲哀」や「仕事」をテーマにした作品となっています。「働く男」のメロディーはどこかコミカルかつ気だるげで、そこはかとない情緒が感じられます。

●雪が降る町
 1992年にリリースされた8thシングル。ウィンターソングの代表曲のひとつで、PUFFYがカバーしたり、奥田民生さんと井上陽水さんが交流を結ぶきっかけになったりするなど、音楽業界でも話題となりました。クリスマスや年末の切なさを思わせるメロディーと歌詞が印象的で、温かい雰囲気のある曲です。

●すばらしい日々
 1993年に発売された9thシングルです。映画「ヒナゴン」の主題歌などにも起用されました。歌詞がどこか謎めいていて、いろいろな解釈ができる点が魅力。切なさのあるメロディーやサビの歌詞の語感が耳に心地よく響く、名実ともにユニコーンの代表曲のひとつです。

このほかにも「ブルース」や「大迷惑」などの名曲を生み出してきたユニコーン。あなたが一番好きなユニコーンのシングル曲は何ですか?

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/353741/

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

続きを読む

スポンサーリンク

続きはこちら!

タイトルとURLをコピーしました