【衝撃】事故で手足3本を失った障害者ユーチューバー、生き様がすごすぎる

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
1: ななしさん@発達中 2021/09/19(日) 17:18:57.96 ● BE:971946189-2BP(3000)ID:n0iMhCAH0

■「29歳 独身 手足なし」電車事故で左手1本に…障害者YouTuberが絶望超えて見えたもの「五体満足だと、逆にないものが目に付く」

20歳のとき、電車事故で両脚と利き腕を失った山田千紘さん。現在は航空関連会社で正社員として働くかたわら、1年前に開設したYouTubeチャンネルは登録者数10万人を突破した。昨今はパラアスリートへの称賛が集まる一方で、「発言する障害者」に批判が浴びせられることも少なくない。それは、初の著書『線路は続くよどこまでも』を刊行し、ますますメディア露出増えている山田さんも同様だ。それでも山田さんが発信をやめない理由を聞いた。

■手足3本を失った電車事故、絶望から立ち上がり「左手1本」で一人暮らし

 9月に30歳になった山田さんは、義足と義手を駆使しながら、都内で一人暮らしする会社員。
平日は自作の弁当を持って電車通勤し、休日には掃除や洗濯といった日常ルーティーンをこなす。趣味は一人旅で、
コロナ前は「思い立ったら即行動」とばかりに弾丸旅行にもよく出かけていた。

 YouTubeチャンネル『山田千紘 ちーチャンネル』では、坂道を駆け上がり、階段を一段飛ばしでホップする動画なども投稿。
片手でこなす料理もなかなかの腕前だ。持ち前のポジティブオーラとチャレンジ精神で、登録者数もグングン伸びている。

 「『左手1本でどうやっているんだろう?』みたいな興味本位でもいいから、いろんな人に僕を見てもらいたいと思ってYouTubeを始めました。
料理は、単純に周りの男友だちへの無言のプレッシャーです(笑)。今の時代、男性・女性に関係なく家事ができたほうがいいと思うんだけど
、なんだかんだ理由をつけてやらない男性は多いですから。でも、僕も以前はそうでした。手足3本を失う前は実家暮らしで、
料理とか全然しなかったですから」

いかそ
https://news.livedoor.com/article/detail/20887702/

画像


続きを読む

スポンサーリンク

続きはこちら!

タイトルとURLをコピーしました